血液サラサラにする飲み物には何があるか

血液は体の中を巡って、酸素や栄養を運び、二酸化炭素などを排出しています。血管は一本の管のようになっていますが、動脈は外膜、中膜、内膜の三層構造になっており、静脈にも弁がついていて逆流しにくくなっています。この管の中を通る血液がドロドロとしたものになってしまうと、血液がスムーズに流れなくなり、血栓を作ったり、血管が裂けたりする原因につながっていきます。また、老化の要因ともなり、健康に過ごすことが難しくもなってきます。
血液がドロドロとする原因には、悪玉コレステロールや中性脂肪が血液中に増えすぎてしまったことがあげられます。この2つは生きていく上で大切な働きをしていますが、増えすぎてしまうと逆に血管が硬くなり動脈硬化を引き起こす危険性がでてきます。
なお、血液サラサラにすることで、生活習慣病の予防や代謝をアップする、むくみを解消する、疲れにくくなるといったことにつながります。血液サラサラにするには、飲み物に注目すると良いでしょう。
血液サラサラにする飲み物には、緑茶、麦茶、水、酢、ココアなどがあります。酢は、アミノ酸がたくさん含まれており、善玉コレステロールを増やすことができます。善玉コレステロールが増えることにより、悪玉コレステロールは減少するので、血液がサラサラとしたものになっていきます。リンゴ酢など様々なものがあるので、自分の好みに合わせて飲むと良いでしょう。
血液は水分不足によってもドロドロとしてしまいます。水分量にも注目するようにしましょう。

Guyton / 2017年2月11日 / 健康
タグ: