弘前大学周辺でアパートを賃貸する際にかかる初期費用は?

弘前大学賃貸アパートに契約するには、毎月の家賃を支払うのは当然ですがその他にも必要なお金があります。正式に契約を交わす時にはある程度のまとまった金額のお金を用意する必要があります。これを弘前大学周辺の賃貸アパートを借りる際の初期費用と言い、借りるアパートの家賃の6か月分が相場とされています。
家賃6か月分の内訳は、敷金と礼金が2か月分ずつ・仲介手数料が1か月分・翌月分の家賃1か月分が一般的です。これらの名目のお金は、それぞれに支払う意味合いがあって支払う先も異なります。
敷金・礼金はともに借り手から大家さんに支払うお金ですが、敷金と礼金の性質は全く異なります。敷金は民法にもある賃貸アパートを借りる際の担保金で、弘前大学周辺の賃貸アパートを借りた人が家賃を延滞してしまった場合や退去時に必要になるリフォーム代に備えて契約時に大家さんに渡しておくお金です。退去後にリフォーム代などの清算が終われば、通常残りの敷金は返還されます。一方の礼金は、アパートを貸してもらうお礼の気持ちで渡すお金で、退去の際にも返金はされません。
仲介手数料は、該当の弘前大学周辺の賃貸アパートを仲介または代理の立場で紹介してくれた不動産会社への手数料で契約が正式に成立すると請求されます。
翌月分の家賃は、前払いが原則の賃貸家賃を前家賃として支払うものです。家賃については、もし契約した当月からの入居を希望するのであればその月の分も日割りで請求されます。
また弘前大学周辺の賃貸アパートに契約する時には、これらの初期費用の他にも鍵の交換費用や火災保険の一括保険料なども必要になってきます。

Guyton / 2017年1月12日 / 未分類, 賃貸